学園祭と同窓会が終わって

10月18日(土)、19日(日)に島村楽器テクニカルアカデミーの学園祭<うぐいす祭>が無事終わりました。

学園祭を何度見ていても良いと思うことの1つに、島村楽器テクニカルアカデミーが多くの力に支えられているということを感じられることが上げられます。

在校生の努力はもちろんですが、来校された方々(見学の方、企業の方、周辺地域の方、卒業生)、寄せていただいた協賛品、手伝いをする先生、参加者のアンケート、など。

日々の感謝を忘れることはないですが、このような機会で目に見える形でわかるとやはり嬉しく思います。




学園祭の様子、ご来場いただいた皆様には改めてお礼申し上げます

毎年この時期に行われる学園祭ですが、少しずつ変わってきていて、特に昨年からは学園祭の日の合間を縫って同窓会も開催されています。

2回目に当たる今年の同窓会も無事終了し、講師、年度・学科が異なる卒業生に集まっていただけました。

やや、緊張感を持ってのスタートでしたが、始まってみると再会を喜ぶ談笑、恩師に報告や相談をしている様子、在学中にあまり面識がない方と話すことを楽しんでいる姿なども見られました。

卒業生が主体のイベントなので、職員の立場からこうあるべきだと定義付けるのは筋違いではあるかもしれませんが
今後は更に卒業生が増えていくので同窓会を楽しみにしてくれる卒業生が増えていってくれることはもちろん、いつか気軽にふらっと顔を出してみようか、という気になった方が戻って顔を合わせられる機会にもなっていければよいなと、考えています。

学園祭と共に成長していけばよいですね。



同窓会の様子、今年はOPによる演奏もありました