ドイツ職人修業

こちらは2011年にHPに掲載されたドイツの国家資格であるマイスター制度に関連する記事です。

ドイツおよびドイツ語圏の国々には国が定める弦楽器技術者の資格制度がありますが、こちらでは当校卒業後にドイツに渡航し活躍する卒業生の具体的な例をご紹介し、進路検討をされている皆様の将来のご参考にしていただくことを期待し掲載するものです。
(外国人がドイツにおいて資格取得をする方法は年々変化がありますので、より詳しいことを知る必要がある方は、ドイツ大使館等関係機関に直接お問い合わせ下さい。)

記事で紹介している卒業生の手戸さんは現在はドイツの職人プロとしての認定資格Geselle(ゲゼレ)の試験に合格し、労働ビザを取得し現地で働いています。

帰国の機会に学校を訪問してくださっていますので、継続的に様子もご紹介していきたいと考えています。