NAMM SHOW 2017 研修旅行レポート 2日目

NAMM SHOW研修レポート 第2弾。
今回は2日目の様子をお届けします。

2日目は今回初めてとなるTaylor社のギター工場へ向かいます。
ホテルのあるアナハイムから南へ約130キロ、メキシコとの国境方面のサンディエゴを目指します。
途中海岸線を通り、改めてアメリカの広大さを実感。

2時間程度かけてサンディエゴに到着しました。

IMG_0059

サンディエゴには軍港があり、軍艦などの見学ができます。

港に来ると一度はやりたくなるこの格好・・・。
IMG_0066

赤道近いこともあり、日本に比べて日差しが強く、日向と日陰の温度差が凄いです。
IMG_0071

アイスも進みます。

IMG_0076

サンフランシスコなどの西海岸ではみんなサングラスをかけているイメージがありますが、
アメリカの日差しは本当に強くて、サングラスをかけないと目を開けられないような日もあり、
生活必需品だということがわかります。

さて、昼食を取ったあとはいよいよTaylor社の工場へ。
IMG_0079

中には試奏用のギターが。
IMG_0080

一通り、試奏し終わった頃、工場見学のツアーがスタート!
通訳の方とツアーガイドの方に同行していただき、
早速工場の中へ。

IMG_0088

とその前に、外には木材の保管庫が。
IMG_0092

木材を見て一喜一憂する学生を見て通訳の方も思わず、びっくり。

端材を捨てるゴミ箱もかっこいいです。
IMG_0095

ここからは工場内部の様子をズラッと紹介。
IMG_0099

IMG_0106

IMG_0117

IMG_0128

IMG_0143

IMG_0179

IMG_0210

IMG_0217

Taylor社では量産の為に、木材加工や塗装などの一部の工程で機械化されていますが、
音を決める重要な部分は人がしっかりと加工を行なっていました。
特に印象的だったのは、表板のブレーシングだけが音の良さを左右するという考えで製作されている点でした。

3日目はいよいよFENDER社の工場見学となります。
次回の記事をお楽しみに!