ネック製作編 その④

「キミにも出来る!初めてのベース製作日誌」
まだまだ続きます「ネック編」!

今回は前回埋め込んだトラスロッドの埋木部分の平面出し。

その後指板の製作に入っていきます。

さて、前回クランプでしっかり固定し、接着したネックはどんな状態でしょうか・・・・。
20150227190546

しっかり接着できてそうです!

近くで見てみると・・・・
20150227190546

こんな感じです。

指板を貼れるように、平面にしていくわけですが、
まずはざっとサンダーで削っていきます。

20150227190546

こんな感じで慎重に削っていきます・・・・・・

・・・・よく見ると爪が桃色ですね・・・・。

力を入れ過ぎて赤くなっているわけではないですよ。

今日は製作している所に島村楽器テクニカルアカデミースタッフのイシイと島村楽器のイベント担当スズキが見学に来ていたのでせっかくの機会ということで作業を少し体験してもらいました。

やんややんやと木工作業を体験してもらいながら作業を進めます。

ある程度削ったら、今度は手作業です。
鉋を使って削っていきます。

20150227190546

ここまで製作してきて思うのは、機械を使うにしても、工具を使うにしてもその仕立てや管理、使う際の技術を身に付けることはとても大切です。
鉋も削れるには削れるのですが思うようにスムーズに削るにはやはり日々の鍛錬が必要だなぁとつくづく実感します。

イシイ、スズキと難しさを実感しながら製作を進めていると、2年生を主に担当する立沢先生も様子を見にきてくれました。

そこで試しに鉋を使ってみてもらうと・・・

20150227190546

まあ不思議。どうしてそんなに綺麗に削れるのでしょうと思うくらいの削りっぷりです。
写真からも躍動感が伝わるでしょうか。

やはりプロですね。
みんなで関心しながらやっと終点が見えてきました。

20150227190546

これでもまだ甘いという事で、今野先生の力を借りながら、最終的には以下の写真のように削りました。

20150227190546

フムフム、確かに手で触っても全然違いますね。
平面になっています。
今野先生的にはまだまだ行けるそうですが、及第点ということで今回は時間の関係でここまで!

指板製作は次回に持ち越しです!

*** 次回「指板製作編 その①」〜