指板製作編 その②

皆さん、こんにちは!

全国的に梅雨入りし、じめじめした季節に入りましたね。
さて、指板も徐々に進み、今回は12フレット部分のインレイの製作を行ないます。

前回インレイには木材を使っている事を書きましたが、
目立つ12フレット部分にももちろん木材を使います。

赤いものにしたいと考え今野先生に相談したところ、
紹介してもらったのが「パドゥーク」という木材です。
アフリカ原産のマメ科の木で、マニアックではありますが、ギターの木材として利用されることもあるそうです。
ボジションマーク程度では音に大きく影響があるわけではないと思いますので、今回はあくまで視覚的な意味で採用しました。

☆のマークの図面を予め用意し、
外周をカットしていきます。

IMG_7956

切り出したものがこちら!
IMG_7957

指板においてみるとこんな感じです。
IMG_7958

ここから鑿や鑢で成形していきます。

IMG_7960

IMG_7966

星の形にみえるようにひたすら削り、こんな感じになりました。
パドゥーク

次に星の形を罫書きし、星のポジションマークを埋め込む為、指板を切削します。

以前にも登場したトリマーを使い、削っていきます。
IMG_9887

削り終わった段階がこちらです。
IMG_9894

まだ星の角の部分が残っているので、
こちらも鑿で整えていくと・・・・。
IMG_0211

こんな感じになります。

さて、こちらの部分は他のポジションマーク部分で使ったボンドではなく、
エポキシ系の接着剤を使います。
IMG_0214

こちらの接着剤は混ぜる事で接着するという性質を持っており、
収縮率が低く、星形の様な凹凸の多い形を接着しても隙間が出来にくいという特長もあるそうです。
ちなみに今回使うクイック30の30は混ぜて30分から硬化を始めるという意味です。

まずは2種の液剤を用意します。
IMG_0217

ここで、こちら!
IMG_0220

この赤い粉、削った木材の粉なのですが、
こちらを液剤と共に混ぜ込みます。
理由は後日。

IMG_0222

それを削った溝に・・・・。
IMG_0224

そこに星を入れて・・・。
IMG_0225

更に隙間が出来ないように、接着剤を塗ります。
IMG_0228

最後にクランプでしっかり固定!
IMG_0229

これで十分に接着されるのを待ちます!!

という事で今日はここまで!

指板編、もう少し続きます!!

それでは次回「指板製作編 その③」お楽しみに!!