ネック製作編 その⑦

tatsuzawa

麺の道は漢の道。
極める道は、拉麺道。
みなさんこんにちは。

湯切りが上手そう立沢先生を激写しておきました。

前回ヤニ止めという塗装過程を終え、
そろそろ乾燥した頃でしょうと、確認しに参りました。

IMG_4126

こんな感じになっています。
いいですね!
インレイ加工した部分もよりはっきり見えて、ネック感が高まっています。

IMG_4128

表面を目の細かい紙ヤスリで数回削り、滑らかさを出します。

さて、今日はついにフレット打ちです!
とその前に、フレットの種類を選びます。
IMG_4130

フレットも、太いもの、高さのあるもの、丸みが強いものなど色々と種類があるので、その中から選択しなければいけません。
簡単に説明すると、フレットの高さのあるものはチョーキングやハンマリングなどがしやすく、押弦が簡単にでき、低いものだとスライドなどがしやすいという事です。また、幅が狭いと弦との設置面が少ないのでサスティーンが伸び、広いとやはりスライドなどがしやすいとのことでした。

実際はなかなか実感としてわからないので、いくつか楽器を弾いてみて決めました。また、サイドはパテ埋め処理をして目立たないように。

IMG_4132

フレットですが、元々はこんな感じで巻きになっています。
ここから切り出してフレットを打っていきます。

まずは各フレットの長さに合わせて、カット!!

IMG_4139

こうしてナンバリングしてある穴にカットしたフレットを入れていけばどれがどれだったか一目瞭然ですね。
これも製作上の知恵。

IMG_4137

今回サイドはパテで埋めますので、専用の工具でフレットサイドのタング(埋め込まれる部分)をカットします。
ちなみに指板上に出ている部分はクラウン(ビード)と言うそうです。

カットしただけだとバリが残るので、しっかりヤスリがけします。

IMG_4143

こういう丁寧な作業が製作面で完成度の高さに繋がっていくんですね。

さあ、準備が整ったらいよいよフレット打ちです。

適度な力加減と向きで打ち込んでいきます。

トントン

IMG_4145

トントントン

IMG_4146

トントントントン、トントントン

トントントントン、○○ノニトン

と、リズミカルに順調に行っていた矢先、

はあぁぁぁ!!!!!!!っつ!!!!

やってしまいました・・・・。

IMG_4150

見えますか?

気づかないうちに指板を打ってしまっていたようです。

IMG_4152

角度を変えるとわかりやすいですね。

ショック・・・。

順調に行っている時こそ、より細かい作業を心がけるべきでした。

仕事であれば商品にならないものになってしまうでしょう。

今回の失敗は戒めとして、今後の作業に生かす事にしましょう・・・。

ということで、すべてのフレットを打ち終えるとこんな感じになります。

IMG_4155

もうネック感が凄いですね。もうネックです。

続いてすり合わせを行ないます。

IMG_4161

先ほど失敗をしたせいか、かなり慎重です。
慎重すぎて作業速度が劇的に下がりました。
やはり加工技術は日々の鍛錬と自分との戦いなのです。

IMG_4164

最後に、フレットサイドのパテを埋めて・・・・。

IMG_4166

こんな感じで本日は終了です。

パテがしっかり乾燥するまで、またしばし作業はお預けです。

次回はいよいよボディ加工に入る予定ですよ!

お楽しみに。