ボディ加工編 その②

今年はBEAMS40周年だそうです。
ファッションと音楽には密接な関係があり、
それぞれの流行が、それぞれに影響し合って形成されていく不思議な関係なんですね。

こちらは40周年を記念して製作された動画なのですが、
ファッションの流れだけでなく、音楽の流行も合わせて見ることが出来るので、
BEAMSさんとほぼ同じ年齢の私には懐かしい動画になっています。

ということで、ベース製作日誌も来月1周年を迎えます。
製作過程も徐々に終盤に近づいてきました。
ここからはペースをあげて、できれば学生たちの卒業展示会の隅っこの方に
ちょこっと置かせてもらえるように間に合わせたいと企んでいる次第です。

さて、現在ベース製作はボディ加工の真っ最中です。

前回ネックポケットと外周の加工を行ないました。
今回は「ザ・グ・リ」
ピックアップや電気系統を装着する部分の溝を掘ります。

まずがピックアップ部分。

IMG_8849

弦とピックアップとの距離は音にも大きく関わってくる部分なので、
しっかりと測定して加工します。

テンプレートを使い、まずはルーターで荒く削って・・・

IMG_8852

トリマーで細かい部分を削ります。

IMG_8856

これらの機械にも慣れてきました。

IMG_0127

目標の深さになっているか、細かくチェックしながら進めます。

IMG_0128

仕上がりはこんな感じになりました。

次に厚みの調整です。
表面はまだ無加工なので、目標の厚みまで加工します。

IMG_0129

ということで、こちら!
ドラムサンダーです。
ドラムに巻き付けたサンドペーパーが回転して、木材を削る機械ですね。
ドラムと行っても楽器ではありません。

IMG_0130

木材を入れると自動的に流れてくるので、それをキャッチ。
数回繰り返した結果はこちらです。

IMG_0133

写真だとわかりづらいですが、細かい表面の傷などがきれいに仕上がっています。
その後、コンター加工用の目印をつけて・・・。

IMG_0135

今回はこれでおしまい!!

次回はボディ外周の角の加工です!!