塗装編 その④

さてさて、今回は塗装編その④。

これまで塗装編では、

①ウッドシーラー(ヤニ止め)

②ウッドフィラー

③サンディングシーラー

をそれぞれ吹き付けてきました。

その間の工程では、その都度紙ヤスリやウエスで磨いたり、拭き取ったりしてきました。

今回もまた磨きます。

そう、塗装の工程とは吹いては磨く、吹いては磨く、の繰り返しなのですね。
そうなのですね今野先生・・・・。

しかし、磨きの作業、意外と好きだったことに気づきました。
やり過ぎないように注意は必要ですが、徐々に面が奇麗になっていくのは気持ちのいいものです。
その反面塗料の吹き付けは難しいですね。
その分、身につければ素晴らしい技術だなと感じました。

さて、作業工程に戻りましょう。

前回サンディングシーラーを吹き付けたあとの状態がこちら

IMG_6573

少し寄って見ると・・・・
IMG_6575

まだ凸凹しているのがわかります。

これらを紙ヤスリで平にしていきます。

IMG_6579

しっかりと磨きます。

・・。

・・・・。

・・・・・・・・。

ちなみに皆さん、凸凹・・・これ読めましたか?

そうです。「デコボコ」です。

ではこれはどうですか? → 凹凸

そうです。「おうとつ」ですね。

ひっくり返すと違う読み、意味は似ていますね。

はい。

今日はここまで!