スペシャルインタビュー

須川 展也 X 島村楽器テクニカルアカデミー

須川 展也 X 島村楽器テクニカルアカデミー

日本が世界に誇るサクソフォン奏者。東京芸術大学卒業。第51 回日本音楽コンクール、第一回日本管打楽器コンクール最高位受賞。
出光音楽賞、村松賞を受賞。98 年JT 音楽家シリーズCM 出演、02 年NHK 連続テレビ小説「さくら」のテーマ音楽を演奏。
年間コンサート数は約100 公演。海外でも20 カ国以上でリサイタルやマスタークラスを行っている。
これまでに約30 枚のCD をリリース。
最新CD は「サキソ・マジック」。国内外の有名オーケストラと多数共演。
名だたる作曲家への委嘱も積極的に行っており、須川によって委嘱、初演された多くの作品がクラシカル・サクソフォンの主演レパートリーとして国際的に広まっている。1989 年から2010 年まで、東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスターを務めた。
トルヴェール・クワルテットメンバー、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、東京芸術大学招聘教授。

須川 展也
サクソフォニスト
http://www.sugawasax.com/

夢を持つこと、決して諦めないこと

日本を代表する世界的サクソフォニストである須川展也さん、そして木管楽器のリペアのスペシャリストとして活躍を続ける金澤恭悦先生、島村楽器テクニカルアカデミーの学部長の松田精二先生に、リペアマンの仕事の醍醐味を語っていただきました。

リペアの世界がこれからますます重要になってくると思いますが、島村楽器テクニカルアカデミーが果たす役割とは。

須川:そもそも、楽器を演奏する、教育するだけでなくて、メンテナンスが大事である、という理念が素晴らしいと思います。
車も定期的に点検が必要で、しかも法的に定められていますよね。
楽器は法的ではないですが(笑)。でもそのくらい、点検・修理が大切です。その理念をしっかり浸透させようという姿勢を持たれたということは素晴らしいことだと思います。
この業界は明るくなるな、という期待感があります。良いスキルを持ったリペアマンというのは、どこからも引っ張りだこになる可能性があります。その道のスペシャリストになれる可能性が見える、というのは大きな魅力だと思います。
金澤:当アカデミーでは、各楽器に素晴らしい先生方、海外で勉強された先生、経験豊富な先生が揃っていて、私が学生になりたい、と思うくらいです。学生さんは、リペアの授業だけでなく、他の科の学生さんとも一緒に受ける合同授業もありまして、音楽の授業、楽典の授業等も勉強しますので、凄くバランスの良い音楽院だと思います。私が若い頃はそういう授業を受けたことがないので、うらやましいと思うくらいです。
須川:バランスのとれた勉強は大切ですね。バランスを良くするためにリペアしてもらうわけですから(笑)
金澤:特に人間と人間との付き合いになりますから、一人の人間としても社会に出ても恥ずかしくないような教育を施しています。
須川:学生のうちは分からなくても、社会に出て、分かるということもありますよね。
金澤:そうなんです。今分かってもらえなくても、「将来、あ、先生はこういうことが言いたかった」のだ、ということが分かってもらえれば、それで満足です。
須川:僕も大学の講師を二十数年やっていて、「どうして聞いてくれないのだろう」と思うことはよくありますが、卒業してある程度成長すると、「あの時、言われたことが分かりました」と言ってくれる学生もいます。だから、先生は、みんなで頑張るしかないですね(笑)。
金澤:須川先生を見ていると、分野を問わず演奏される。フランクのバイオリン・ソナタを演奏されたときは、本当にびっくりしました。どん欲に新しい世界に入って行かれる。これは凄いな、と思いますよね。

演奏家とユーザーとの対話が重要。

須川:演奏者は楽譜を読む、コード進行に則って演奏する… といった決まりというものがあります。その決まりというものはリペアの方にもあると思います。その決まりをマスターして、そのあとリペアマンの個性が出てくるのだと思います。それは経験がもたらすものでしょう。ですから、どんどん演奏家とぶつかって、とことんまでやる、という姿勢をもっていたら、その方は絶対に名リペアマンになると思います。演奏家の立場としてはリペアマン、そしてリペアという仕事が大事なのだということを、これから演奏家を目指す人に伝えなければいけない。
アマチュアの方にも伝えなければいけない。楽器は音が出れば誰が治しても一緒、ということではなく、とことん音にこだわってほしい。やっぱりこだわる人の方が、演奏家として上手くなる。リペアマンも、こだわる人でなければいけません。また、楽器というのは、どの楽器もそうですが「奏者と楽器との距離」というものが必ずあります。その距離を縮めてくださる人がいないといけない。
夢を持つこと、決して諦めないこと。どんなに良い楽器で、新品であったとしても、最初は「距離」が遠い。もちろん練習しながら、その「距離」を縮めていくのですが、練習しながらも狂いというものが生じますし、経年変化もあります。その都度調整するのですが、そこには、演奏家とリペアマンとの間でしか成り立たない調整というものがあると思います。そのあたりを金澤さんは、本当によく知っていらっしゃる。
金澤:演奏家からすると、楽器というのは身体の一部です。ほんの小さな” 怪我” でも、集中して演奏できない。私たちはまず” マシーン” として、最上の状態にするところから始めます。よくF1 のマシーンと同じだと、私は言います。立派なドライバーがいても、少しでも納得のいかない調整だと良い記録が出ないのと一緒だと思います。
須川 : 木管楽器というのは、キーがたくさんあります。つまり押さえるところがたくさんあるのですが、押さえる手の力、指の力というのは、その人によって全部違います。この指は強いけれど、別の指は弱い、ということもあります。ですから、人によって微妙にタッチ感、バネの感触というものが違います。そういった微妙な部分をリペアの方は覚えなくてはならないです。もちろん押さえてタンポが塞がれば、メカニック的には音は出ますが、全体に強く押さえる人、反対に弱く押さえる人がいるので、そこも覚えていないといけない。サクソフォンもクラリネットもそうですが、” 連結キー” があって、遠隔操作をしないといけないのですが、このメカニズムを調整することも至難の技です。ダイレクトに押さえるのと同じ感覚でないと、早いパッセージを吹くことはできませんから。
金澤:これだけたくさんのキーがある中で、一つでも狂えば、楽器が鳴らなくなってしまいます。毎日使っている楽器ですから、少しずつ傷みが出てくるのですが、なかなか気がつかないものです。意外に本番直前というのは、神経が研ぎ澄まされてきますから、そういった微妙な傷みに気がつくものです。
須川:一生懸命練習したときの本番直前に限って、楽器の不具合が起きたりしますしね(笑)。
金澤:特に本番間際に、調整や修理で呼ばれることが度々あります(笑)。
須川:私がアメリカ演奏に行く当日の早朝に、リペアをお願いしたことがあります。
「タンポが塞がらなくなって音が出ない。悪いけれど成田空港に行く前に、寄っていくからお願いします~!」って(笑)。それで始発で来ていただいたこともありましたしね。

リペアマンを目指す若い方々にメッセージ。

松田:自分がやりたいことをとことんやる、そこがないと先へ進めないですから、まず諦めない。先を見て進む、ということですね。
その意志力があれば、いろいろなことを吸収することができると思います。まずは、自分がやりたいと思ったことは、諦めない、ということが一番大切だと思います。
金澤:私も一緒ですね。この道に進みたい、と思ったら達成するまで諦めないことです。人によってチャンスの時期というものは違いますが、でも、チャンスが来たときのために勉強し続けるということが大切だと思います。そういう意識は大切で、決して諦めないことですね。勉強と思うより、日々の空気のような存在ですね。そういう意識ですと勉強という感覚ではなくなります。
楽しみになります。好きなことは苦ではなくなりますからね。
須川:夢とか、楽しみのために皆さん頑張れると思いますが、具体的に夢の一つ、楽しみの一つとして思い浮かべるといいと思うのが、自分のファンを増やす、ということです。自分を頼ってくれる人を一人でも多く見つける。そこを夢の一つとすることをお勧めしたい。夢として世界一のリペアマンになりたい、と言っても何をもって世界一か、ということもあると思います。世界一という大きな夢もすばらしいけれど、やっぱり、自分を頼るファンをいかに獲得するか、それを目標にすることを楽しみにするといいのではないでしょうか。
金澤:憧れ、例えば演奏家であれば、須川先生のようになりたい、というのも目標として作りやすいですね。
私の知り合いの中でも、リペアマンに憧れて、その道に入った人は何人もいます。

sp_interview_music_industry_2016

音楽業界 X 島村楽器テクニカルアカデミー

株式会社アサプラ 尾上 敏幸

株式会社アサプラ 代表取締役

尾上 敏幸

アサプラは1963年朝日プラスチックとして創業、連綿として50 有余年打楽器用ヘッド等を供給してまいりました。当初はOEMを中心に生産して参りましたが、近年急速な海外への生産シフトにより受注が激減したため、会社運営を根本から見直すこととなりました。国内唯一のヘッドメーカーもまさに絶滅危惧種的な状況でした。一念発起、5 年ほど前、存続させる事がなかば使命感のように思え50年の経験実績を活かし自社で価格設定の出来るオリジナル商品の開発を開始した次第です。先ず「唯一無二」の商品を作る事を第一に考えました。今にして思えばこの考えは間違っておりませんでした。また弊社の今日があるのも、仕事に対しての情熱、また関係者各位のご支援があればこそと思っております。私は常日頃、人が生きていくうえで大切なものは「目に見えないもの」、だれもが持っている魂だと思っております。そして音楽こそがこの魂を肥やす最良の糧であると信じております。音楽業界人を志す皆様には、素晴らしい教育理念、指導者を有する島村楽器テクニカルアカデミーで学ばれ、今後どこかでご一緒出来る事を楽しみにしております。
弦楽器製作家 菊田 浩

弦楽器製作家

菊田 浩

ヴァイオリン製作に限らず、初めての挑戦には不安や戸惑い、焦りなどの気持ちがあるものですが、良い指導者に巡り会えた時、それは勇気に変わり、情熱を後押しします。私自身、独学での修行の後、イタリアに渡って初めて理想的な指導者と巡り合うことができましたが、今は、日本にも島村楽器テクニカルアカデミーのような本格的な製作技術を学べる学校があり、最初からレベルの高い指導を受けられることは大変喜ばしいことです。ヴァイオリン製作、修理の道は平易なものではありませんが、チャレンジする価値のある素晴らしい世界です。楽器と正面から向き合い、あきらめずに挑戦し続ければ必ず道は開けます。弦楽器の魅力に惹き付けられた仲間の1 人として、将来のライバルの出現を楽しみに待っています。
スタインウェイ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 後藤 一宏

スタインウェイ・ジャパン株式会社 代表取締役社長

後藤 一宏

1853年創業のスタインウェイ&サンズ社は、ピアノメーカーとしては後発の会社です。しかし、創業後約30 年の間に100 以上の特許を取得し、その後も今日に至るまで技術革新を続けてきたことにより、現代ピアノの手本と言われるまでになりました。その結果、演奏家から絶大な支持を得て、世界中のクラシックコンサートで圧倒的に使用されています。スタインウェイのピアノ技術は奥が深く、知れば知るほどピアノの本質に迫ることができます。真のスタインウェイ技術者になれるのはごく一握りの人ですが、島村楽器テクニカルアカデミーで学ばれる皆さまがその長い道のりに向かわれることを歓迎いたします。
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 専務理事 福田 成康

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 専務理事

福田 成康

ピアノ指導者の保有する楽器は、ほぼ全てアコースティックピアノですので、ピアノ調律師は、少なくても数十人、多ければ数百人の指導者の自宅などに入って会話ができることになります。ピアノ指導者は、生徒にとってみればマンツーマンで面倒を見てくれる存在ですが、個人事業者としては往々にして横の連携がなく、孤独になりがちです。そこで、ピアノ指導者とコミュニケーションを密にとれる唯一の存在として、ピアノ調律師が、これからもっと注目されるべきなのです。島村楽器テクニカルアカデミーで学ばれたピアノ調律師の皆様が、ピアノ指導者へのパイプ役として活躍し、一緒にその資質向上、引いては、ピアノ学習者の増加を図れればと願っています。
株式会社高峰楽器製作所 寺﨑 誠

株式会社高峰楽器製作所 取締役・営業部長

寺﨑 誠

タカミネ・ギターはエレクトリック・アコースティック・ギター=エレアコのトップ・ブランドとして世界中のアーティストにご愛用頂いています。エレアコは、マイクロフォンの前から動けなかったプレイヤーを開放し、バンドの中でもエレキ・ギターやドラムと変わらない音量でのアンサンブルを可能にし、現在では当たり前のようにステージで使用されています。当時のユーザー・ニーズにお応えできた事が、今なお多くの著名アーティストがタカミネを指名して下さる事につながっています。“ 弾く” という自分に向かう喜びから、“ 造る”“ 直す” というギターを手にする人を満足させる喜びを実現させるという新たな視野を持った人達によって、世界中のギターメーカーは成り立っています。これらの基礎技術の習得を提供する島村楽器テクニカルアカデミーは、貴方にも静かに眠っている日本のクラフトマンシップを揺り起こす可能性を持つ教育機関だと思います。ギター・クラフトに関わり、ともに歩んでくれる次世代のスタッフがここから生まれる事を期待しています。
T's Guitars 高橋 謙次

T’s Guitars 代表取締役

高橋 謙次

人には音楽が欠かせません。人間は生きる喜びや悲しみ、怒りや楽しみを音楽で表現し、それを人に伝え、残す事ができます。またたったひとつの歌が、人伝えに伝わり広がってゆくことで大きな力を持ち、世界中のたくさんの人々の間に波紋を広げ、多くの人の人生に多大な影響を与えてゆくこともあります。ヒットチャートやラジオから流れる音楽に一喜一憂し、アーティストや楽曲を心の支えにするのも誰にもあることでしょう。音楽はいつも人間とともにあり、生きるための支えになり、自分を表現する生きがいにもなります。その音楽を人に勧め、音楽をする人、楽器を演奏する人に対して道を案内し、サポートをして行くことは大きな喜びでありそれによって人を世界を楽しく豊かにする事ができる、生涯をささげる仕事としてとても素晴らしい価値のあるものです。一年ほど前に島村楽器テクニカルアカデミーを訪問する機会をいただきましたが、恵まれた環境と熱心な運営陣の中、学生ひとりひとりが熱意と喜びを持って修学に励まれているのを見て大変心強く感じたことを覚えています。皆さん、その道を究め、探求し続けてください。それはあなたと社会にとって大きな財産となるでしょう。
日本バイオリン製作研究会 会長 川原 邦也

日本バイオリン製作研究会 会長

川原 邦也

学院長をはじめ、関係者の皆様とお目にかかったのは、バイオリンクラフト&リペア科が設立して間もない頃だと思います。整った実習設備はもちろんのこと、学校関係者の皆様が生徒さんに明るく挨拶されていたのが強く印象に残っています。当会は、バイオリンをはじめとする弦楽器の製作、修理の技術向上と音楽文化の発展を図るべく、毎年、展示会や研究会を開催しております。現在、会員数はプロ、アマを含め約80(うち法人2)を数え、国際製作コンクール優勝経験者2名(イタリア在住)のほか、音響、木材をはじめとする多様な職業の方々が精力的に活動されています。島村楽器テクニカルアカデミーで幅広い知識と経験を得ることは大変幸せなことであり、生徒の皆様が音楽のプロとして、社会人として活躍されることを心より祈っております。
パール楽器製造株式会社 柳沢 雅勝

パール楽器製造株式会社 代表取締役社長

柳沢 雅勝

当社パール楽器は2016年に創業70周年を迎えました。この長い期間、紆余曲折を経て会社は成長してまいりましたが、当社としての普遍的な姿勢は海外の生産ラインにおいても日本人技術者の設計コンセプトや情熱が常に注がれているという事です。そして、その品質を維持した製品がプロドラマーに絶大な信頼を得て今日に至っております。音楽業界、楽器業界での活躍を目指す皆様におかれましては、島村楽器テクニカルアカデミーの現役ドラマー講師陣の経験と高い指導力のもと、日本を代表するドラマー、ドラムテックを目指しての2 年間の学習が皆さんの人生において大変重要な期間になるかと思います。この2 年間で個々の知識と技術を最大限に伸ばして頂き、近い将来には音楽業界、楽器業界で目覚ましいご活躍をされる事を心より願っております。
株式会社middlecentre 森下 正喜

株式会社middlecentre 代表取締役

森下 正喜

新しいものを作る方々へ。音楽・演奏・楽器等、新しいものを作り出すためには、従来のセオリーを理解する必要があると思います。そして「このセオリーは絶対的」「ここは自分なりに変えても大丈夫かも」などを積み重ねて自分なりの新しいセオリーが出来てきます。また、目指す分野以外のセオリー・考え方も重要なヒントになり得ます。全く興味のない分野でもどこかに共通点があり、目指す分野とは違う進化を経てセオリーを形作っています。全く新しいものは、全く違う分野のセオリーをヒントにしている場合が多くあります。島村楽器テクニカルアカデミーはセオリーをきちんと学べるだけでなく、学科間の壁が良い意味で低いと思います。新しいものを作りたいと希望されている方々にとって最適な学校であるはずです。とはいえ、新しいものを作り出すためには強い心と継続する気力が必要です。セオリーが確立して結果を出すまでは風当たりが強く、心が折れかけてしまうかもしれません。でも、島村楽器テクニカルアカデミーで新しいものを志す仲間を作れば乗り越えられるはずです。
フジゲン株式会社 代表取締役社長 上條 啓水

フジゲン株式会社 代表取締役社長

上條 啓水

フジゲンは、1960年創業以来一貫して世界一品質を目標にギターの製造を追究してきております。現在、日本の製造業を取り巻く環境は日々厳しさを増すばかりですが、日本人のモノづくりに対する情熱、勤勉さ、丁寧さによって製作されたMADE IN JAPANのギターは今も尚、世界中で高い評価を得ています。音楽職業人を志す皆様におかれましては、島村楽器テクニカルアカデミーの素晴らしい教育理念と優秀な指導者のもと、日本を代表する職人になるという高い志を持って勉強して頂き、音楽業界でご活躍されることを心より願っています。
株式会社モリダイラ楽器 代表取締役社長 皆川 民雄

株式会社モリダイラ楽器 代表取締役社長

皆川 民雄

当社はモーリスブランドのアコースティックギターを中心として内外有名ブランドの各種楽器を長年提供しております。島村楽器テクニカルアカデミーにおかれましては開校以来、器楽の演奏指導を中心に指導者や技術者の育成など音楽業界の発展の為広く貢献されて来ており、今後におきましても益々充実した教育を期待するところであります。時代の変化とともに音楽業界を取り巻く環境は大きく変わって参りました。今、業界では商品知識のより豊かな人材を求めております。音楽を職業として目指す皆様におかれましては、島村楽器テクニカルアカデミーの充実した教育課程を習得され、感性豊かな人材として新しい発想を持って音楽業界に進まれることを願っております。
ローランド株式会社 代表取締役社長 三木 純一

ローランド株式会社 代表取締役社長

三木 純一

「Unleash(アンリーシュ) / 解き放つ」…ローランドが掲げるこの企業キーワードには、一人一人が持っている感性やアイデアを自由に解き放ち、あらゆるプレイヤーの創造力を広げるお手伝いをしたい、という思いが込められています。技術の発展によって、新しいサウンドや新しい音楽表現が可能な楽器が生まれ、多くの人が身近に楽器演奏を楽しめる時代になってきました。これから島村楽器テクニカルアカデミーで学ばれる皆様の心の中は、夢と希望で溢れていると思います。皆様にはぜひ、その素晴らしい学びの環境の中で、自分の可能性を解き放ち、音楽表現を通して未知なる喜びや新たなつながりを探していただきたいと思います。そうすることで、誰かの心と響きあう感性が育まれ、その喜びの輪は何倍にも広がるでしょう。将来、皆様が音楽や楽器に関わるさまざまな分野において、生き生きと活躍されることを心から願っています。