夜間科2期生 岡野明日香さん

土日や昼間は仕事をし、週3日夜間科の授業に通う岡野明日香さん。
夜間科に通うに至ったいきさつなどをインタビューしました!

普段、昼間は何をしていますか?


アパレルの仕事をしています。準社員として週5日働いており、販売やパンツの補正を担当しています。時間契約なので土日や授業の無い日にしっかり働き、授業のある日は少し短めの勤務時間にしています。

管楽器の修理を学ぼうと思ったきっかけは?


音大に通っていたので演奏する時に楽器の状態は大丈夫かなと不安になることがあり、しょっちゅう色んな所にメンテナンスに出していました。その中で信頼出来るリペアマンに出会えたことがきっかけです。
元々細かい作業が好きでリペアにも興味はあったんです。信頼出来るリペアマンに出会い、作業をしている時の真剣な表情にも憧れてリペアマンを目指そうと思いました。

高校時代に将来の進路を考える上で、リペアの道を考えたことはありましたか?


高校の時も少し考えていたのですが、部活にも入っていたし演奏の方がやりたいと思ったので音大に進みました。

音楽自体に興味を持ったきっかけは?


中学校の部活説明会で吹奏楽部の演奏を見てすごくかっこいいと思ったことがきっかけです。それまではピアノなども一切習ったことがなく、中学校に入って楽譜も読めない状態から始めました。それから音大の受験でピアノがあったので、高校1年生の秋からピアノを習い始めました。

高校1年生の時から音大を考えていたのですか?


考えていましたが、ピアノは今まで全然弾いたことが無かったので、音大に行く行かないに関わらずとりあえず習っておいた方が良いと思い習いました。

入学して10ヶ月経ちましたが、いかがですか?


授業を受ける前はリペアマンが楽器を分解している工程しか見ておらずいけそうだと軽く思っていましたが、実際には細かい作業や難しいこともたくさんありました。私は大雑把で細かいことを気にしないことがあるんですが、細かいところも気にしないと最終的には調整が狂っていてやり直しになることもあり、思っていたよりも難しいと感じました。

得意な作業と不得意な作業は何ですか?


得意な作業は分解組み立て、苦手な作業はフルートのタンポ調整です。
実は高校生の頃に自分で楽器を分解してみたかったのですが、さすがに勇気が出ずやりませんでした。今では問題なく出来ます!
フルートのタンポ調整は全然駄目で今でも苦手です。金管楽器も入学するまで触ったことが無かったので自信が無く、これで良いのかなと思いながらいつも作業しています。

仕事をしながら学校に通うことについて、入学前に不安に感じたことはありますか?


仕事と授業が両立出来るのかが不安でした。アルバイトではないのでちゃんと仕事も行かなければならないし、簡単には休めないし、体調も崩せないというところが不安でした。
実際に入学してみて案外自分はタフで大丈夫だなと思いました。

どれくらいで大丈夫だと思えましたか?


基本的な講義が終わって作業が本格的になってきた頃なので、大体2ヶ月くらい経った頃。一通りの楽器の分解組み立てをやってみて苦にならなかったので、大丈夫だ、楽しいと思えました。

仕事をしながら学校に通うことを検討している方に一歩踏み出すためのアドバイスを!


仕事をしているとやってみたいなと思っていても無理だと思ってそのまま終わってしまうことが多いと思います。でもやらないと多分ずっと心の中に引っかかっているんですよね。やらないで後悔するくらいならやった方が良いと思います!

最後に将来的の目標を教えてください。


この人に任せれば大丈夫と思ってもらえる、演奏者に不安を持たせないリペアマンになりたいと思っています。

岡野さん、ありがとうございました!
岡野さんの様に既にお仕事をされていてもリペアマンを目指したい!とい方はきっと多いと思います。
ぜひ同じ夢を持って頑張っている学生の様子を一度見にいらしてください♪