必ず出来る!サックス・ネックコルク交換セミナー 開催

先週、管楽器リペア科ではご自身のサックスのネックコルク交換をしていただくことも可能という、
『ネックコルク交換技術を取得できるスペシャルセミナー』を実施しました。

セミナー1日目

コルクカットの練習からスタート!
繋ぎ目に当たる『のりしろ』を、片刃を使用し斜めにカットします。
このポイントが上手く出来ないと、繋ぎ目の見た目が悪くなってしまったり、接着不良を起こす原因に繋がります。

練習用シートを使用し接着剤を塗る練習。
なにより薄く均一に塗ることが大きなポイントです!
ご参加いただいた方は、「この作業が1番難しかった。」と仰っていました。

ネックにコルクを接着し、余分なコルクをカットします。

セミナー2日目

ネックコルクの表面を紙ヤスリで整えます。
紙ヤスリのかけ方にもポイントがあり、講師よりレクチャーを受けている様子です。

仕上がり具合をチェックします。
繋ぎ目に凹凸が無いよう『目視』と『手触り』で確認します。

2日目は計3本分の交換練習ができました。
今まで楽器修理を経験したことがない人が仕上げたネックコルクとは思えないほどの完成度に驚きです!!

セミナー3日目

いよいよご自身の楽器のネックコルク交換を作業します。
今までアルトサックスで練習していましたが、本番ではテナーサックスに挑戦!

ご自身の楽器ということで少し緊張されていたようですが、
講師のアドバイスを受けながら無事キレイに交換することができました。
画像では見づらいですが、繋ぎ目がきれいな直線になっています!

ネックコルクが交換し終えたらオクターブキイを組み付け、
バランス調整ポイントのレクチャーを受けて全ての工程が完了です。

3日間お疲れさまでした!
今回ご参加いただいた方は、テナーサックスの他、アルトサックスやソプラノサックスもお持ちとのことで、ご自宅でチャレンジしてみると仰っていました!

島村楽器テクニカルアカデミーでは、今後もこのようなイベントを企画していきます!
随時ホームページをチェックしてみてください♪

また、管楽器リペア科では授業見学も隋時受付中です!
ご来校を心よりお待ちしております。