フルートトリルキイ用コルクの交換

1年生がタンポ調整に四苦八苦している中、2年生も新しい内容に入り大苦戦!

フルートのトリルキイにはコルクが付いています。(価格帯によってはコルクではなく樹脂が付いている場合があります)
長年使用しているとコルクが劣化し欠損することもあり、その場合は新しいものに交換が必要です。


コルクはこの様なブロック状のものを使用します。
このコルクをキイの形に合わせて整形する必要がありますが、この整形作業が難しいのです!

整形には管楽器の修理にはお馴染み片刃を使用します。
片刃を使用して曲線にカットしていきます。


カットして接着したものがこちら。
キイに合わせて曲線にしなければなりません。


次に余分な部分をカットし、形を整えていきます。


左側が作業途中のもの。右側は学生が初めて作ったもの。
初めてなのに良く出来ていますが、失敗すると細くなり過ぎたり、正面から見ると形がいびつだったり、カットしている途中に接着不良で取れてしまったり・・・

何度整形しても同じ様に奇麗に出来る様になるまでは、これも何度も何度も練習が必要になります。
2年生の練習はまだまだ続きますが、最終的にどの様になるのか!?
乞うご期待!!