フルートトリルキイコルク~パートⅡ~

前回は初めてのトリルキイコルク交換の様子をお伝えしました。
パートⅡということは、前回から2年生がどれだけ進歩したのかをお届けします!


少し見辛いですが、左側のコルクは節が丁度前に来てしまっています。
これでは見た目があまり良くありませんね。
もちろん楽器なので吹き心地が一番重要ですが、きらきら輝く美しい楽器はコルクなどの小さなパーツの見た目も重要視されます。


こちらは節はありませんし、形が整っていて綺麗ですよね。


次は管体との接地面を紙やすりで整えていきキイの開きを作りますが、後ろの部分に少し隙間が空いているのがお分かりでしょうか。


これだと隙間はほぼありませんね。

コルクの整形が上手く出来ても、その後の作業で失敗してしまうと最初からやり直しとなってしまいます。

どんな作業でも同じですが、気を抜いて良い瞬間はありません。
一瞬の油断で失敗したり、大怪我をする場合もあるので、完成するまでは一瞬たりとも気を抜くことは出来ません。
技術のお仕事は技術力はもちろんのこと集中力も必要不可欠なお仕事です。

授業見学にお越しの際は、授業の内容だけではなく、ぜひ学生の様子にも注目してみてください♪

授業見学・イベントのお申込みはこちら