フルート嵌合調整

小学校・中学校・高校は夏休みに入りましたが、島村楽器テクニカルアカデミーの夏休みはまだまだ先!
それでも学生たちは今日も元気に授業に励んでいます!

今回は1年生のフルートの嵌合調整の授業。
「嵌合」とは簡単に言うと楽器を組み立てた時のはめ具合のこと。

例えば、演奏をするために頭部管と主管を組み立てる時、
頭部管が嵌められないほどきつい場合もあれば、
嵌めたは良いが簡単に抜けてしまう、という場合もあります。

それを丁度良い状態にすることを、嵌合調整と言います。


これはきつくて入りにくい状態の頭部管を調整している様子です。
目の細かい紙やすりで結合部分を削ります。

適当に削るのではなく、削る量は全周で同じにしなければなりません。
削り過ぎはもちろんNG!!


適度な固さになったら、紙やすり→フィルム→研磨剤で仕上げをします。

削り過ぎない様に、実際に楽器を組み立てて確認をします。
もしまだ固ければ更に削って調整をします。

今回は嵌合部きつい場合の対処法を簡単にお届けしました。
本当はもっと細かい手順がありますし、更に別の調整方法もあります。

もちろん授業では緩い場合の対処法も勉強します。

では、緩い場合はどうすれば良いのか・・・?
それはぜひ島村楽器テクニカルアカデミーに来て自分の目でご確認を♪