クラリネット スウェージングとキイガタ修正

皆さんこんにちは!
管楽器リペア科の鈴木です。

さて、前期末試験が終わりその後のテスト修正を終え、
さらに新しい内容の授業が進みます。

管楽器リペア科の2年生はクラリネットのスウェージングと
キイガタ修正の実技授業を行いました。
まずは金澤先生の実演です。

クラリネットはサックスほどキイパイプと芯金にクリアランス(隙間)がないため、スウェージングが難しいのです。
スウェージングペンチという専用の工具はありますが、あまり効果が表れないため、ニッパで裏技を使います。
(このような裏技を教えてもらえるのは金澤先生が現役リペアマンであり、かつてメーカーのクラリネットの設計に携わったからこそ成し得るものです)

実演を間近に見て、学生たちは刺激を受けます。
経験年数の長いクラリネット吹きもいますが、彼らは果たして納得のいく出来に
仕上がったのでしょうか?

結果が気になる方はオープンキャンパスへ。
学生たちから授業の様子を直接聞くことが出来ますよ♪