院外授業 in 静岡

前期末試験がほぼ終わった9月中旬、
管楽器リペア科の学生にとっては2年に一度の院外授業、
浜松市楽器博物館&ヤマハ豊岡工場の見学を実施しました!


早朝の集合・出発にも関わらず元気いっぱい!
いざ、静岡へ!!


最初に訪れたのは浜松市楽器博物館。


1995年に開館したこの博物館には1300点余りの世界の楽器や、展示、体験ルームがあり、


更には館員による生演奏、解説もあります。


管楽器はもちろん、打楽器、弦楽器、鍵盤楽器など多数が展示されており、
音楽・楽器好きにはたまりません!

続いてヤマハ豊岡工場へ。


工場内の見学の前に、まずはヤマハがどういう所なのかを学びます。


学生の真剣な様子が伺えます。

さて、いよいよお待ちかねの工場内の見学へ!
しかし、残念ながら工場内は撮影禁止。

ということで文章のみになりますが、
工場の敷地は広大で建物も複数に分かれ、その中で管楽器が製造されています。
楽器の大まかな形を製造する部署、細かなパーツを製造する部署、細かなパーツを本体に溶接する部署、最終調整をする部署など、工程はいくつにも分かれ、老若男女の作業員が楽器の製造に携わっていました。

中には卒業生の姿もちらほら・・・
こちらに気付き手を振ってくれたり、挨拶をしに来てくれたり。
とにかく皆元気に楽しそうに働いていました♪

そして、工場の見学もあっという間に終わり、東京へ。

普段目にすることのない世界の楽器に触れ、普段使用している楽器が製造される工程を見た学生達は、楽器のことをより理解し、更に卒業後の就職についても考える良い1日になった様でした。

最後にお決まりの集合写真☆