古澤壮樹

Nirvana に衝撃を受け、音楽活動を開始。Johann Sebastian Bach/Claude Debussy などクラシック音楽に興味を持ち、クラシックの作曲理論を学ぶ。その流れからLigeti György/Morton Feldman/Luc Ferrari などに傾倒し、現代音楽の作曲を行うようになる。その後、Sokif 名義にて電子音楽の制作を開始する。またサウンドクリエイターとして、エンジニア寺田康彦主宰のthink sync integral や電子音楽家Numb 主宰の”EKOUNE SOUND” に参加。広告などの商業音楽作家としての活動も行っている。日本作曲家協議会会員。作品一部”Your voice”(Revirth) “A life in the exist”(Revirth) “Affectionate Unselfish”(Plop)