金澤良輔

東京理科大学を卒業後、米国アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthieryにてギター製作、更にViolin Making School of Americaにてバイオリン製作を学び2004年に帰国。帰国後はギター、ウクレレなどのリペアを中心に行い、2006年池袋に金澤弦楽器工房を開き独立。現在に至る。バイオリン製作より学んだ伝統的木工技術も修理、製作に取り入れる質の高い作業には定評がある。