金澤恭悦

’69年日本管楽器㈱入社。日本楽器製造㈱(現ヤマハ)と合併後、本社にてクラリネットの開発に携わる。’77年に開設された「ヤマハアトリエ東京」の初代スタッフとして木管楽器の専門家対応を22年間担当。特にサックス奏者ソニー・ロリンズ氏からの信頼は厚い。更に全国特約店技術者の指導や、ヤマハ管楽器テクニカルアカデミーでの指導を担当。海外においては北米の修理技術の視察、アジアにおいても技術指導を行う。退職後はatelier kanazawa をオープン。他、外務省のODA音楽文化関連の調査員を5年間努め度々渡欧した。現在は自己の工房を運営。