古沢壮輝

電子音楽~商業音楽~現代音楽の狭間で独自の音楽を模索し続ける音楽家。Nirvanaに衝撃を受け、高校時代バンド活動を開始。作曲を始める。大学に進学後J.S.Bach/C.Debussyなどクラシック音楽に興味を持ち、音楽理論(和声/対位法/管弦楽法など)を修め、その流れからG.ligeti/M.Feldman/L.Ferrariなどに傾倒して行き、現代音楽の作曲を行うようになる。’07年よりSokif 名義にて電子音楽の制作を始め、同年ヨーロッパのレーベルSound From Nowhere(lux)よりEPをリリースする。その後、ヨーロッパでのライブを行う。’08年よりエンジニア/プロデューサー、寺田康彦氏が主宰するthink sync integralに参加。’09年より電子音楽家Numb saidrum等が主宰するクリエーター集団”廻向音”に参加。’11年には、日本のエレクトロニックミュージックレーベルRevirthより、アルバム”your voice”をリリースする。また、その制作活動は、Web、CM、劇判などにも及んでいる。(社)日本作曲家協議会会員。