<講師インタビュー> 小林先生

PT kobayashi

学生に大人気のピアノ調律科夜間科講師、小林先生。
現役調律師として活躍されていますが、実は島村楽器テクニカルアカデミーの卒業生でもあるのです。今回は、そんな小林先生にインタビューを行いました!

調律師を目指したきっかけは?
最初は管楽器リペアの道と迷っていました。僕の専門楽器はトランペットなんですが、リペアとなると専門楽器以外も扱う必要があるので悩みましたね。自分が演奏できる楽器じゃないと責任が持てないと。
ピアノなら演奏もできたし、管楽器のようにたくさん種類もない。それに楽器の中で、ピアノが一番「演奏者」と「技術者」が近い距離にいられると感じたんです。それで調律師になると決めました。
その後、まず始めに学校に通おうと決断し、島村楽器テクニカルアカデミーピアノ調律科の夜間科に入学しました。
元々、音大を卒業した後にプレーヤーとして活動していたのですが、その頃も楽譜作りや編曲など、作業として没頭するものが好きでしたね。音楽を通して培ったものと作業として提出するもの、この二つが「調律師」という仕事とリンクしたんですね。

指導していて感じること
引き出しはできるだけ多いほうがいいですね。仕事はもちろんですけど、プライベートも含めて、その時起きた楽しい事は授業の中ですぐに伝えています。笑い話になりますが、ライブ会場のピアノの上にキーボードが置いてあったとか、お客様のお宅の床がピカピカのフローリングで調律する時に踏ん張れないとか。様々なシチュエーションがあるので、仕事の裏話も含めて学生に伝えるようにしています。

やりがいを感じる瞬間は?
自分がピアノに手を入れることによっていい状態になるのは本当にやった甲斐があるし、結果もすぐに見える。ピアノは1台1台個性があるので同じ調整は2度と出来ないし、その状態をキープもできない。でも、そのライブ感がすごくいいんです。
僕は調律の際に直接お客様と接して仕事をしているのですが、色々な反応が見られて、それが嬉しいんですよ。

調律技能検定【国家試験】について
調律技能検定が2011年から国家資格となりました。僕は調律技能検定が始まった年に3級を受験、次の年に2級を受験していずれも合格しました。
試験を受けるときに心がけている事は、全力で取り組み、自分が持っているものを全て出し切れる準備をすること。実力以上の事は絶対に出せませんからね。特に3級受験時は検定開始初年度で過去問も無く、傾向も何もわからなかったので大変でしたが、試験を受けた感触としてはたぶん合格しているだろうと・・・。そこは自分の感覚と結果が一致していたので良かったですね。受かると思っていて落ちた時も色々考えると思うけど、たまたま受かってしまった時というのも自分の感覚がずれている、ということだと思うんです。それって結構技術者としては怖い事なんですよ。だから自分の感覚と実際の結果のずれはいつも修正しています。

調律師を目指している人へ
やりたいなら、やった方がいいですね(笑)。
あの時やっておけばと思うくらいなら動いたほうがいい。一歩を踏み出すのはそんなに難しくないですよ。年齢も経歴も関係ない。
ただし、調律師になると覚悟を決めたら学校を2年間休まず通いきること。調律技能検定も国家資格になりましたし、それを目標にしたら休んでいる場合じゃない。

もう一つ大事な事は人が好きという事。音にはその人の人柄が出てくるんです。僕は学校に通い始めた頃、「ギラギラ」した音を作ってたんです。でも、それは独りよがりだと言われたんですね、自分が作りたい音だけを作って、お客様が欲しい音が作れないのは調律師ではないと。誰のため、何のために調律をするのかしっかり考えることが大切です。