ピアノ調律科

pc_events
IMG_9126.JP調律科ブログs-
DSC06763s-.jpライセンス

ピアノ調律科について

プロとして即戦力となるためのコミュニケーション能力、高度な技術を学ぶ。

ピアノ調律科では、技術者として演奏者とどのようにコミュニケーションをとれば
要望に応えることができるのかを学びます。
また、高度な技術を身につける過程で目標となる「ピアノ調律技能検定」の受検や様々な経験を通して、プロとして即戦力となる技術を修得します。

ピアノ調律科

ピアノ調律科の特長は?

1

現場での実務を見据えた設備

実習ではヤマハ・カワイの他、国内外の様々なピアノを用いて基礎技術力と応用力を身に付けます。島村楽器ピアノ専門店で行う授業では、3大ピアノであるスタインウェイ・ベヒシュタイン・ベーゼンドルファーを用いた実習も行ないます。

piano_tokuchou1
2

短期間で技術を修得する為の1年制

1日7時間半、調律・整調・修理を深く学ぶことで応用力も養い、卒業後に即戦力となる技術を修得します。

piano_tokuchou2
3

就職内定率12年連続100%

ピアノ調律科では開校依頼抜群の就職実績を誇ります。講師陣によるきめ細かな指導を行ない、初年度である2005~2016年度までの音楽業界への就職内定率は12年連続100%です。卒業生はピアノに関するスペシャリストとして全国で活躍しています。

卒業生の声を見る

piano_tokuchou3
4

調律技能検定(国家試験)3級/コルグハイブリットピアノ取付認定資格

この2つの資格は、卒業後に調律師として仕事をしていくうえで大変役に立つ資格です。ピアノ調律科では資格取得に対応したカリキュラムを取り入れ、毎年多数の合格者を輩出しています。

piano_tokuchou4

カリキュラム

学びの流れ

1年制

一日の授業時間は7.5時間。仕事と同じ時間集中して実習することで体感的に技術を修得していきます。ピアノは8000点以上のパーツで構成されており、調律師はこれらを的確に調整していく技術力が要求されます。
この技術力を身に付けるために必要な問題解決力や判断力を強化し、プロとして現場で求められる専門技術を1年で徹底的に学びます。
               
1
2

カリキュラム例

前期後期
専門知識・ピアノ史
・音楽知識
・調律理論Ⅰ
・楽器学
・音響学
・ピアノ構造学
・ピアノ材料工学
専門知識・鍵盤音楽史
・音楽理論
・調律理論Ⅱ
・メーカー別ピアノ概論
・ハイブリッドピアノ知識
技術・実習・アップライトピアノ調律Ⅰ
・アップライトピアノ整調Ⅰ
・グランドピアノ整調Ⅰ
・修理Ⅰ
・工具製作
・ピアノアクション製図
技術・実習・アップライトピアノ調律Ⅱ
・グランドピアノ調律
・アップライトピアノ整調Ⅱ
・グランドピアノ整調Ⅱ
・修理Ⅱ
・塗装
・工具製作(木材・金属加工)
・オーバーホール
・メーカー別ピアノ実習
資格取得
対策
・ハイブリッドピアノ取付認定試験対策授業
・ハイブリッドピアノ取付認定試験受検
資格取得
対策
・ピアノ調律技能検定 試験対策
・ハイブリッドピアノ取付実習
その他・院外実習
・特別授業
その他・院外実習
・海外メーカーピアノ実習
・特別授業
前期
専門知識・ピアノ史
・音楽知識
・調律理論Ⅰ
・楽器学
・音響学
・ピアノ構造学
・ピアノ材料工学
技術・実習・アップライトピアノ調律Ⅰ
・アップライトピアノ整調Ⅰ
・グランドピアノ整調Ⅰ
・修理Ⅰ
・工具製作
・ピアノアクション製図
資格取得
対策
・ハイブリッドピアノ取付認定試験対策授業
・ハイブリッドピアノ取付認定試験受検
その他・院外実習
・特別授業

後期
専門知識・鍵盤音楽史
・音楽理論
・調律理論Ⅱ
・メーカー別ピアノ概論
・ハイブリッドピアノ知識
技術・実習・アップライトピアノ調律Ⅱ
・グランドピアノ調律
・アップライトピアノ整調Ⅱ
・グランドピアノ整調Ⅱ
・修理Ⅱ
・塗装
・工具製作(木材・金属加工)
・オーバーホール
・メーカー別ピアノ実習
資格取得
対策
・ピアノ調律技能検定 試験対策
・ハイブリッドピアノ取付実習
その他・院外実習
・海外メーカーピアノ実習
・特別授業

学内に留まらない幅広い授業内容

ピアノ調律科では、ピアノセレクションセンターで行う特別授業を始めとして、4ケ国から選べる海外研修やピアノコンサートスタッフ実習等、多くの実践的な授業を取り入れています。
特にピアノセレクションセンターではスタインウェイはもちろん、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインといった世界3大ピアノ、ザウター、ヤマハ、カワイといった様々なブランドのピアノを用いて実習が行われます。

※海外研修は希望者のみとなります。

ピアノ調律科をもっとよく知る
コンテンツ

ピアノ調律科の講師や卒業生のインタビューをまとめています。 授業の様子や、調律師の仕事について等、ここでしか聞けない話も盛り沢山! 調律師を志す皆さん、ぜひご覧ください。
pt-interview-banner-s
P2250125.JP研修画像s-
suzukimatsuda

VOICE在校生

ピアノ調律科 本科1年制
牧瀬聖大さん

牧瀬

自分自身やりたい業種は音楽、接客、営業、細かい作業をする業種と漠然と考えていましたが、様々な職業を検討しているうちにピアノ調律師という職業を知り、これだ!と思いました。
入学前に何度もオープンキャンパスに参加し、先生方のプロ意識の高さを感じていました。そして何より、社会人、ピアノ調律師になるために必要なコミュニケーションスキルを学ぶならこの学校しかないと確信し、島村楽器テクニカルアカデミーに進学しました。また、ピアノだけでなく、他の学科と交流がある点も入学を決めた要因です。
授業時間が長いことや、自身で問題点、解決策を考えることを意識できるように教えていただけていることが私にとってとても実になっています。楽器業界を目指すにあたって、ピアノを中心に様々な楽器について知ることができることも勉強となっています。
現在は入学して1ヶ月半ですが、どの工程においても1オクターブ内、広がっても2オクターブ程しか調整ができないので、早くピアノ1台を自分で調整できるようになることが課題です。
将来的には楽器店でピアノの販売をしながら店頭、お客様宅のピアノを調律したいです。さらにピアノだけでなく、他の楽器のことも勉強し、自分の楽器店を持つことが将来の夢です。

ピアノ調律科 本科1年制
峯村有紀子さん

峯村

何か新しいことを始めたいと思い、友人にピアノ調律師を勧められたことが調律師を目指すきっかけとなりました。
オープンキャンパスでの技術体験や先生のお話のレベルが高く、卒業後のことを考えると厳しい環境に身を置いたほうが良いと感じ、島村楽器テクニカルアカデミーに進学を決めました。
入学して1ヶ月半が経ちましたが、既にピアノに携わる仕事に就くということを現実的に考えられるようになりました。月曜日のソフトフォーマルの規則のおかげで普段着用しないフォーマルな服に慣れてきたことで就職活動もスムーズに進められています。
授業後に居残り、土日も練習をすることでピアノに触る時間を自分で作るようにしています。調律師は何をするにも時間との闘いになると感じるので、今後は作業中の基本動作を早くし、結果に結びつけることが目標です。
学校生活と、プライベートのオン、オフを意識して1年後仕事に就いた時に精神的にも体力的にもバランスを崩さないよう注意して毎日を過ごしています。
将来は、技術は勿論、販売にも興味があります。ピアノという媒体を通して音楽に関わり続けられるよう、これからも精進し続けます!

講師のご紹介

松田精二

松田精二

静岡県浜松出身。高校卒業後浜松でピアノの調律・設計、製作、金属加工、木工、塗装の技術を習得。東京の大手楽器店にて調律師として勤務し、多くのピアニスト・指導者の調律・コンサートを担当、高い信頼を得ている。また、積極的に海外の国際コンクールやセミナーに出向き国際交流を行う傍ら、海外ピアノメーカーのピアノ開発にも携わり、現地の技術指導を手がける国際派技師。日本ピアノ調律師協会 (JPTA)、国際ピアノ製造技師調律師協会(IAPBT)、スタインウェイ会会員。

卒業後の進路

例えば島村楽器テクニカルアカデミーの運営会社である島村楽器のピアノセレクションセンターにはたくさんの先輩たちが就職しています。また、その他総合楽器店や楽器メーカーなどにも多くの卒業生が就職しています。
進路の詳細についてはオープンキャンパスや学校説明会等のイベントでご説明致します。

ピアノ

ピアノの調律
(一般調律の仕事)

最も多いのが一般家庭での調律。ピアノ未経験のお子様からピアノの先生、ピアニストまで様々なお客様に合わせて技術を提供します。

ピアノの販売
(販売店での仕事)

ピアノを熟知した調律師はピアノを購入されるお客様にとって最良のアドバイザーです。その専門知識を生かしピアノ販売業務にあたります。

ピアノを直す
(再生・修理工場での仕事)

古いピアノの再生が近年盛んで、この分野での人材が求められています。日本では特に再生したピアノを世界各国へ輸出するビジネスが多くなっています。

ピアノを作る
(工場でのピアノ製作)

当アカデミーでは将来ピアノ製作をめざす方のために、基礎知識である設計製図の基礎・材料工学基礎などの授業を行っています。
 

独立工房を開く

卒業後すぐ、もしくは数年研鑽を重ねた後にピアノ工房を開き独立することも可能です。
調律技術はもちろん、お客様とのコミュニケーションや工房運営の経営手腕が必要な大変やりがいのある仕事です。

ピアノセレクションセンター

島村楽器ピアノセレクションセンターはアコースティックピアノ専門のショールームです。別フロアの技術工房ではピアノの調整・修理・点検を行っており、多くの卒業生が調律師として活躍しています。

主な卒業生進路実績

株式会社浜名ピアノ工房
JMG株式会社
株式会社三浦ピアノ
小川楽器株式会社
有限会社プログレス
株式会社ユニオン楽器 ピアノパワーセンター
株式会社東京ピアノ技術センター
株式会社丸山ピアノ
ユーロピアノ株式会社
池田ピアノ運送株式会社グループ会社
株式会社アフター
ピアノ工房ピアピット
タカギクラヴィア株式会社
伸和ピアノ株式会社
株式会社西部ピアノ
Crosswave Tokyo
個人工房設立
島村楽器テクニカルアカデミー
島村楽器株式会社
 ①ピアノサロン本八幡店
 ②ピアノサロン八千代店
 ③ピアノセレクションセンター
etc…(順不同)

VOICE卒業生

小川楽器株式会社 勤務 2011年度卒
長山 未紗さん
福岡県・佐賀県に店舗を展開する小川楽器株式会社で店舗やお客様宅のピアノ調律を行う傍ら、ピアノコンクール等のイベント運営にも携わる。
国家資格(ピアノ調律技能士)保持者

ピアノ調律師として活躍できるカリキュラムが整っている事、卒業後を見据えじっくりアップライトピアノとグランドピアノを学べる事に魅力を感じて島村楽器テクニカルアカデミーを選びました。
現在勤務している小川楽器では、店舗内やお客様宅のピアノ調律の他にも店頭で楽器販売やコンサート運営を行うなど、多岐に渡り仕事を任せてもらっています。
調律の後、お子さんが喜んでその場で弾いて下さったりする姿を見ると、とてもやりがいを感じます。技術力と同時に、ピアノ調律科の先生方からはコミュニケーション力を鍛えられましたが、この2つをしっかり身につけた事が現在の仕事に繋がっていると感じています。
多くの方に音楽を楽しんで頂くことを目標に、いずれはコンサートの調律をしたいと考えています。調律の仕事もイベント運営の仕事も、全てが繋がっていると思いますので、毎日の仕事をしっかりとこなして将来に繋げていけたらと考えています。
ピアノ調律科は2年間じっくり学ぶ事ができるとてもいい環境だと思うので、ぜひ皆さん頑張ってください。
nagayama

ピアノ調律科に興味がある方へ

ピアノ調律科ページを最後までご覧いただき誠にありがとうございました。
当校では学校に興味をお持ちのみなさまに、授業の様子や校風を少しでもご理解いただくため、学校説明会やオープンキャンパス等のイベントをご用意しております。
是非下記よりお気軽にお申込みください。またご不明な点があればお気軽にご連絡ください。

学校説明会・オープンキャンパス・スペシャルイベント申し込み学校説明会・オープンキャンパス・スペシャルイベント申し込み
学校パンフレット資料請求学校パンフレット資料請求
Content...