管楽器リペア科2年生 クラリネット・ジョイントコルク交換

こんにちは!管楽器リペア科の鈴木です。
今回は2年生の授業風景をご紹介します。

クラリネットのジョイントコルク交換を行っています。
彼らは1年次のサックスネックコルク交換以来のコルク巻きです。
ブランクがある上に巻く太さも幅も全く違い、さらに俵型に仕上げなければなりません。

数も多く、バレルと上管、上管と下管、下巻とベル、さらにマウスピースとバレルもあります!!計4箇所です。

なかなか大変な作業ですがこれを効率よく綺麗に仕上げることで
技術者としてのレベルがUPします。
経験を積んで頑張っていきましょう!!