クラリネットの全タンポ交換 応用編!

管楽器リペア科2年生は就職先が決まりつつある中、基本の全タンポ交換は反復練習をし、
仕組みの異なる楽器で実習を行っています。

下管のレバーピン式とレバー押上げ式の違いによる調整の仕方や、
樹脂製管体のタンポ交換の方法や注意点を確認しました。

樹脂製管体は初心者や屋外で使用する人が購入することも多いので、それに対応できるスキルが必要です。
同じに見えるクラリネットであっても細かな仕様に対応できるリペアスキルがとても大切ですね。

作業時間も意識して集中しています。周りは皆ライバルです!

DSC06359

DSC06357