プロを目指す本科・夜間科とは別に、月3、4日 程度のペースで楽器作りを始められたい方のために当アカデミーでは本格趣味オープンスクールにて楽器製作コースを開講しています。現役プロの講師が丁寧に指導を行い、楽器作りに必要なすべての行程を体験していただくことが可能です。

Curriculum

カリキュラム

「趣味」でありながらも、本格的に作ることを目指したコースで講義は各講師のスタイルに沿って進められていきます。型枠の整形、材料の切り出し、削り出し、ニス塗装など、製作に必要な工程を省くことなく学ぶことが可能です。
※ 必要な材料は受講料に含まれており、進度に応じて支給されます。

1

Course

受講可能コース

バイオリンクラフト&リペア科がサポートするオープンスクールでは、以下の楽器製作を学べます。

vn_events
vn_instructors

Instructors

講師紹介
沼波 顕彰

沼波 顕彰
(土曜日)

伊クレモナ国際弦楽器製作学校(I.P.I.A.L.L)卒業。在学中に楽器製作をVincenzo Bissolotti氏、Francesco Bissolotti氏に師事し卒業後も同氏の工房の一員として研鑽を重ねる。2004年、ロンバルディア州立専門学校、弓修理・調整コースを開始。ディプロマを取得し翌年には Horacio Pineiro 氏主催、修理・サウンドアジャストメントコースにてディプロマを取得。2007年、オーストリア・ウィーンに移転し楽器修理・調整を Marcel Richters氏、Cai Von Stietencron氏に師事。両氏のもとでオーストリア国立銀行所有のコレクションをはじめ、Stradivari, Guarneri, Amati 等々、数多くの銘器の修理を経験する。2009 年、独立。現在は、日本に帰国し東京にて自身の工房を開いており多くの著名演奏家の楽器メンテナンスを担当し厚い信頼を得ている。

Funny Gaio

Fanny Gaio
(日曜日)

母国フランスにて音楽課程を修めた後、弦楽器技術の修得をイタリアクレモナ国際弦楽器製作学校(I.P.I.A.L.L)にて開始。在学中から優秀生徒として学校からGrandi Taglietti賞、Piero Ferraroni賞を受賞。卒業後は多くの国際コンクールで受賞歴がある製作家Francesco Toto氏に師事し、同氏の工房にて研鑽を積む。第13回AntonioStradivari国際コンクールにてディプロマを取得後、独立。フランスでの開業を経て、2013年より日本に移住する。現在は弦楽器工房かわばた、Canto di Legno にて技術者として活躍し、製作・修理、双方に意欲的に取り組んでいる。

無料体験申込みフォームへ

*フォーム上の第一希望の欄で「オープンスクール テクニシャン」選択してください。